A.Y.さん

建物の顔としての重要性

  • 東京支店 販売促進課
  • 2017年入社
  • 近畿大学 工学部 建築学科
【これまでのキャリア】

設計PR担当として配属。アスロックの知識や営業は、社内での勉強や上司に随行することで学びました。現在は大手ゼネコンの副担当として、様々な大型物件に携わり、その他のゼネコンは単独で打ち合わせを行っています。

【これが私の仕事】
ゼネコン設計部へのPR・打合せ

ゼネコン設計部へのPR・打合せが私の仕事です。
この仕事は、デザインだけではなく、建物の立地条件、要求されるスペック、他の建材との納まり具合などを検討し、いかにより良い提案を行い、採用して頂くかが重要です。
そのためには、設計図面をもとにアスロックがどのように納まり、どう見えるかを考え、スケッチ画を作るなどして設計者へプレゼンテーションしています。

【だからこの仕事が好き!】
図面を見て納まりを考え提案し、先方に納得して頂けたとき

打合せに行った際、来てもらってよかった・直接やり取りする方がよいと言って頂き、自分の拙い説明・PRでも納得して頂き、かつ感謝されるのは、糧になると感じます。
打合せから戻り、上司報告した際に問題ないと言われた時に、自分の説明の仕方やPR方法に自信が持てました。

【ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き】
建物の顔としての重要性

外壁とは、建物に表情を作る、建物のメインとなる箇所だと考えます。アスロックは、デザイン、仕上げ、工法が豊富で設計者の希望する表情を引き出せる商品です。
打ち合わせが進むにつれ、外壁の仕様が変わっていきます。その物件に合わせ、寸法納まりなどのカスタマイズを設計者と共に検討することが楽しいです。