当社における人事施策の基本的な考え方

当社は、経営計画の実現のために「公正な評価と処遇」「自己成長とチャレンジ支援」をキーワードに、社員一人ひとりがより高い目標を掲げ、果敢に挑戦する社風を醸成すべく人事制度を構築してきました。また社員が安心して働けるよう、各種制度の見直しを行います。

経営計画実現のために

I.評価/処遇

職群・コース

「能力と成果を重視する」基本理念のもと、年功序列型賃金制度を一部改訂し、役割と処遇を明確にし業績評価に重点を置いた賃金体系です。

職位 業務形態別
管理職 マネジメント職 プロフェッショナル職
各種経営システムの運営や部下の管理、指導等を行う。 高度な専門性を発揮して成果を上げる。
組合員 総合職 マイスター職
新入社員から係長クラスまで、職位・能力に応じて業務を遂行する。 高度な技能・技術を持つライン長職。組合員最上位ポストで、技術の伝承を行う。
賞与体系

年2回(7月・12月)
個人評価に加え事業所業績、全社業績を加味

退職金体系

勤続年数重視から在籍中の成果・役割が退職金に反映される制度へ改定(2005年4月~)
確定拠出年金制度導入(2010年4月〜)

II.人材

自立型社員への動機付け
配属希望叶える制度(2017年4月より導入)
社員自らの意思でキャリア形成を行うことを可能とするため、希望配属部署への異動を一定の条件のもとで承認
管理職登用制度
管理職候補者選抜教育・試験
ワークライフバランスの推進
社員が仕事と家庭を両立できるよう、「育児・介護休暇取得」及び「有給休暇取得」を推進。
計画的付与により有給休暇取得を推進する「有休取得制度」を2017年4月より導入。
「育児・介護・配偶者の転勤」を理由に退職された方が、再び当社グループで活躍できる「ジョブリターン制度」を2017年4月より導入。


勤務地限定選択制度
ライフスタイルの変化に応じて勤務地を会社の承認のもと選択できる。

選択制再雇用制度
2003年4月に再雇用制を導入。2007年10月、社員の多様なニーズへ対応するため、55歳時点で再雇用するか否かを選択する「選択制再雇用制度」へ改訂。65歳までの継続雇用を確立。

チャレンジライフ支援制度
社員の就労ニーズの多様化、定年を待たずに各人が持っている可能性を別の分野で発揮しようとする社員の側面的支援として「チャレンジライフ支援制度」を導入。

III.教育・研修

研修制度
階層別研修(各階層の基本的能力、知識習得へ)
  • 新入社員研修(新入社員6ヶ月研修)
  • 新入社員フォロー研修
  • 監督職研修
  • 管理職候補者選抜試験
    • (一次選考)改善事例発表、筆記試験、論文、安全衛生、討議
    • (二次選考)論文、面接
  • 異常を見る目、自身で発想豊かに考えることが出来る人材を登用
  • 管理職研修
  • 事業所長研修
部門別研修(各部門専門的知識、技能習得へ)
  • NNPS(Nozawa New Production System)教育
  • 商品知識研修
  • 販売工事店研修
  • 開発調査研究
  • 文献調査・論文報告
  • 工場関係若手課長・係長教育
  • RST安全衛生教育

その他

福利・厚生関連
各種社会保険完備・リフレッシュ休暇制度・永年勤続表彰・海の家保養所有り
(契約ホテル)
ダイワロイヤルホテル(全国28ヶ所)
プライムリゾート賢島


住宅制度
賃貸住宅を会社が借上げる「借上社宅制度」
若年者(30歳未満独身者)個人負担18,000円程度
持ち家推奨 新規住宅取得者へ住宅手当30,000円(月額)を支給


従業員持株会
従業員持株会を通じた財産形成支援。会社より個人投資額に対し、10%の奨励金を支給。